*

毛孔性角化症とは??

公開日: : 毛孔性角化症

男性よりも女性に多く、2人に1人程度の割合で、二の腕のぶつぶつやざらざらが気になっていると言われています。人目についてしまうことでコンプレックスに感じている方がほとんどなのですが、このぶつぶつやざらざらの正体は、医学的に毛孔性角化症と呼ばれる疾患です。多くは二の腕にできるのですが、場合によっては二の腕のみならず背中や太もも、肩などにもできることがあります。毛穴の周りの角質が硬くなり、毛穴に角栓が詰まることでぶつぶつした丘疹ができます。ただ、触ってもざらざら・ぶつぶつしているだけで痛みもなければかゆみもほとんどありません。皮膚と同じ色の丘疹ができる方もいれば、赤みを帯びてしまう方もいます。自覚症状はほとんどないものの、季節の変わり目や二の腕の乾燥が酷くなっていると、少しばかり痒みを感じることがあるようです。

毛孔性角化症は決して珍しくはない皮膚疾患の一つなのですが、早ければ幼少期から発症します。毛孔性角化症は、遺伝的な要因が強く影響を与えているため、できてしまう人は小さなころからできてしまうのです。一番のピークは思春期だと言われていますが、思春期を過ぎると徐々に二の腕のぶつぶつやざらざらが軽減し、30代になるころには自然に消えることが多い傾向にあります。しかしながら、完全に完治させることが難しい皮膚疾患の一つですので、治りにくいのも現状にはあります。

ぶつぶつができていても、悪性になることもありませんし、ざらざらしていても痛みもかゆみもほとんどないため、あえて治療をせずとも健康を害することはありませんので、心配しなくても大丈夫です。人に感染することもありません。ただ、人から見られる部位にできてしまうため、コンプレックスに感じてしまう方が非常に多く、心身ともに影響を与えることも少なくありません。

これといった原因が解明されていないため、残念ながらこれといった治療法もありません。ぶつぶつやざらざらの正体は、角栓です。毛穴の周りの皮膚が固くなることで、この角栓が盛り上がって目立つようになってしまいます。軽度の毛孔性角化症であれば、自宅で行うことができるケアで改善することもありますが、症状が酷かったり広範囲にわたる場合は、医師の指導のもと治療を行って言った方が治りやすいでしょう。間違ったお手入れは、毛孔性角化症の症状を悪化させてしまう他にも、色素沈着を起こしたり跡が残ってしまう可能性もあります。

毛孔性角化症は、治療するにしても時間がかかるものだと言われています。病院でも処方されるのは軟膏のようなクリームで、皮膚を柔らかくして保湿に優れている尿素などが配合されています。

病院での治療は、保険が適用されますが、保険適用外の治療方法もあります。美容外科などで行われているピーリングなども、二の腕のぶつぶつやざらざらを改善させることができますので、ご興味のある方は、一度相談して見るといいかもしれません。

関連記事

記事はありませんでした

no image
男の好きな二の腕

男性が二の腕がすきなのはなぜ? 男性は、女子のムチムチした二の腕

no image
二の腕の保湿

代謝の異常により角質がはがれ落ちずに毛穴につまってしまうため、ぶつぶつ

no image
二の腕の乾燥

自身の二の腕を見てみてください。内側は白くキメが整っていてツルツルとし

no image
毛孔性角化症とは??

男性よりも女性に多く、2人に1人程度の割合で、二の腕のぶつぶつやざらざ

no image
二の腕のぶつぶつ対策に市販品?

二の腕のぶつぶつ、その正体とは 二の腕のブツブツは、医学的には毛

→もっと見る

PAGE TOP ↑