*

二の腕ざらざら対策

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 二の腕ざらざら

二の腕のざらざら

二の腕のざらざらは、通称、さめ肌と呼ばれています。医学的には毛孔性角化症や毛孔性苔癬と呼ばれていて、皮膚疾患の一つとなっています。皮膚と同じ色のブツブツが出来る方と、赤みを伴ってしまう方がいますが、いずれにしても痛みやかゆみはほとんどありません。

二の腕のざらざら対策

原因として考えられているのが、お肌の代謝が異常をきたしているため、毛穴に角質が溜まってしまうことで起こるとされています。そのため、皮膚がもりあがってしまいブツブツし、触ってみるとざらざらとサメのようなお肌になってしまうのです。ホルモンの影響を受けることもありますが、遺伝的な要因も高いため、両親のどちらかが二の腕にブツブツがあるという場合は、自身にも起こってしまう可能性がかなり高くなってしまいます。

確かに、遺伝的な要因が強いとは言われていても、対策を講じることで症状を緩和したり軽減させることは十分に可能です。皮膚が乾燥していることもブツブツを悪化させてしまいますので、しっかりと保湿をすることを忘れないようにしましょう。

また、代謝を正常にさせるためには血行を良くすることが大切です。ですので、血行促進に効果があるお風呂は、できるだけ毎日湯船につかることをお勧めします。二の腕のブツブツがあるところをしっかりと温めて、血行を促進させてあげましょう。また、溜まった角質を除去することもざらざらを緩和させる方法の一つなのですが、角質を取り除くためにゴシゴシとこするのはご法度です。泡をしっかり立てて、優しく丁寧にナイロンタオルなどを使わずに手で洗ってあげることが大切です。また、病院でも角質を柔らかくしたり保湿効果の高い軟膏を使って治療することも多いですので、専用のクリームなどを使ってお手入れをするのもざらざらを改善する方法の一つだと言えるでしょう。また、意外に忘れやすいのが保湿です。お肌が硬くなってしまうと、角栓が詰まりやすくなってしまいます。さらに、潤いが逃げて角質層が固くなってしまうのも、毛穴を詰まらせる原因となりますので、しっかりと保湿するようにしましょう。

二の腕のざらざら対策2

さらに、一週間に一度、二週間に一度などのペースでピーリングをするのもオススメです、一番重要なのは、角質層の乾燥を防ぐことにありますが、ピーリングを行うことで余分な角質を除去することができます、ドラッグストアなどでも手軽に購入することができるアイテムですので、一つ持っているととても便利です。もちろん、ピーリングを行った後は、しっかりと保湿をしてお肌と角質層の乾燥を防ぐようにしましょう。ざらざらを解消するために、ゴシゴシこするのはご法度です。余計に角質が厚く固くなってしまう恐れがあります。定期的なお手入れが二の腕のざらざらを一番早く改善することができる近道でもありますので、気長にお手入れを行っていくようにしましょう。一年を通してのお手入れが必要ではありますが、お肌の露出が多くなる夏場は特に、しっかりとお手入れをしてオシャレを楽しめるといいですね。

二の腕ケア対策商品ランキング

関連記事

no image

毛孔性苔癬!?

二の腕のぶつぶつの正体は、毛孔性苔癬です。原因は、毛穴が詰まってしまうことでできてしまいます。触ると

記事を読む

no image

男の好きな二の腕

男性が二の腕がすきなのはなぜ? 男性は、女子のムチムチした二の腕が好きという人が多いですよね。

記事を読む

no image

二の腕のざらざらが気になる方

二の腕にぶつぶつしたものができてしまう方もたくさんいます。ぶつぶつした二の腕を触ってみると、ざらざら

記事を読む

no image
男の好きな二の腕

男性が二の腕がすきなのはなぜ? 男性は、女子のムチムチした二の腕

no image
二の腕の保湿

代謝の異常により角質がはがれ落ちずに毛穴につまってしまうため、ぶつぶつ

no image
二の腕の乾燥

自身の二の腕を見てみてください。内側は白くキメが整っていてツルツルとし

no image
毛孔性角化症とは??

男性よりも女性に多く、2人に1人程度の割合で、二の腕のぶつぶつやざらざ

no image
二の腕のぶつぶつ対策に市販品?

二の腕のぶつぶつ、その正体とは 二の腕のブツブツは、医学的には毛

→もっと見る

PAGE TOP ↑