*

二の腕のざらざらが気になる方

公開日: : 二の腕ざらざら

二の腕にぶつぶつしたものができてしまう方もたくさんいます。ぶつぶつした二の腕を触ってみると、ざらざらとしていて見ためもあまりよいものではありません。なぜ、二の腕にこのようなブツブツができてしまうのでしょうか。このぶつぶつの正体となっているのが、毛孔性苔癬と言われる、皮膚の疾患です。個人差がありますが、男性よりも女性に多く見られると言われていて、2人に1人の割合で起こる可能性があるとされています。

なぜこのような皮膚疾患が凝ってしまうのかというと、原因として考えられているのが、毛穴の出口付近の角質層がぶつぶつ出来ない人よりも厚いため、角栓ができやすくなって開いてしまっている毛穴をふさいでしまうことで、このようにブツブツとなってしまいます。触ってみても、痛みもなければかゆみもないのですが、ざらざらしていてコンプレックスになってしまうことが多いのも事実です。これといった原因が解明されてはいないものの、お肌に近い色のブツブツが出来る方もいれば、湿疹のように赤みを帯びてしまう方もいます。思春期の皮脂の分泌が盛んになったりホルモンのバランスが整わない時期に起こることが多いのですが、近年は30代~40代といった、代謝の低下が現れ始める年代でも二の腕がざらざらしてきてしまうこともあります。

さらに、遺伝的な要因も強いため、両親のどちらかの二の腕がざらざらしている場合は、残念ながらその血を受け継いでしまって起こる可能性も高いのが現状です。残念ながら、これといった治療法がないのですが、基本的な治療としては、軟膏などのクリームを塗布するのが一般的です。また、近年は美容外科などで行われているケミカルピーリングで、古くなった角質を取り除くことができるため、二の腕のざらざらもピーリングで改善される方もいます。

二の腕のざらざらの原因はいろいろなことが考えられますが、体質が左右してきてしまうことが多いため、なかなか予防することが難しいのも現状です。ただ、できにくくしたり症状を緩和することは十分にできます。お肌のターンオーバーが乱れていることも原因の一つとなっていますので、ターンオーバーを促すために、代謝を低下させないことも大切です。潤いが不足しているのも、ざらざらを酷くさせたり助長させてしまう原因となりますので、ざらざらしている部分をしっかりと保湿することも大切です。

たまった角質を除去すること、お肌の代謝を高める工夫をすること、血行を良くすること、保湿を心がけること、すでにできてしまっているブツブツの炎症を抑えることで、二の腕のザラザラは徐々に軽減していくはずです。

原因がこれといってわからなくても、遺伝的な要因が強くても、毎日継続してお手入れを行っていくことで、解消することができますので気長にお手入れを行っていきましょう。治らないからと諦めるのは簡単ですが、諦めてしまっては良くなるものも良くなりません。がんまりましょう。

関連記事

no image

毛孔性苔癬!?

二の腕のぶつぶつの正体は、毛孔性苔癬です。原因は、毛穴が詰まってしまうことでできてしまいます。触ると

記事を読む

no image

男の好きな二の腕

男性が二の腕がすきなのはなぜ? 男性は、女子のムチムチした二の腕が好きという人が多いですよね。

記事を読む

no image

二の腕ざらざら対策

二の腕のざらざら 二の腕のざらざらは、通称、さめ肌と呼ばれています。医学的には毛孔性角化症や毛

記事を読む

no image
男の好きな二の腕

男性が二の腕がすきなのはなぜ? 男性は、女子のムチムチした二の腕

no image
二の腕の保湿

代謝の異常により角質がはがれ落ちずに毛穴につまってしまうため、ぶつぶつ

no image
二の腕の乾燥

自身の二の腕を見てみてください。内側は白くキメが整っていてツルツルとし

no image
毛孔性角化症とは??

男性よりも女性に多く、2人に1人程度の割合で、二の腕のぶつぶつやざらざ

no image
二の腕のぶつぶつ対策に市販品?

二の腕のぶつぶつ、その正体とは 二の腕のブツブツは、医学的には毛

→もっと見る

PAGE TOP ↑