*

毛孔性苔癬!?

公開日: : 二の腕ざらざら

二の腕のぶつぶつの正体は、毛孔性苔癬です。原因は、毛穴が詰まってしまうことでできてしまいます。触るとぶつぶつしてはいるものの、痛みもかゆみもないのが特徴です。二の腕という人目に付く部分にできてしまうことから、コンプレックスに感じている女性も多いのではないでしょうか。また、毛孔性苔癬と呼ばれることもあれば毛孔角化症と呼ばれることもあります。この毛孔性苔癬は、二の腕はもちろんのこと太ももや肩、背中などにもできることがあります。原因はどこの部位にできても同じで、角質が毛穴につまってしまっているため盛り上がってきてしまっています。皮膚と同じ色をしたぶつぶつが出来る場合もあれば、赤みを帯びたり褐色したぶつぶつができることもありますが、赤みを帯びていても痛みやかゆみはほとんどありません。

毛孔性苔癬は早ければ、子供の頃から発症すると言われています。小学生の約2割は、この疾患を持っていると言われているくらいです。また男性よりも女性の方がこの疾患者が多い傾向にあり、症状の度合いは違っても2人に1人は毛孔性苔癬であるとされています。小さなことからできていても、大人になるにつれて症状が軽くなってきて30代に入るころには消えてしまうことも多いのですが、残念ながら大人になっても症状が残ってしまう方もいます。

見た目的にあまり良いものではないのですが、毛孔性苔癬が悪性になるということはありません。ですので、何も治療せず放置したとしても健康を害することもありません。他の方に感染してしまうこともありませんので、その点についてはあまり心配することはないでしょう。これといったはっきりとした原因は究明されていないものの、遺伝による影響を大きく受けていると考えられています。ぶつぶつしているものの正体は角栓で、毛穴の周りの角質が固く厚みを帯びてしまうため、毛穴をふさいでしまうことでぶつぶつができてしまいます。毛穴の中に毛が詰まってしまっていることも少なくありません。

どうしても気になるようであれば、皮膚科など専門医の指導のもと治療を行っていくことをお勧めしますが、自宅でもケアできる皮膚疾患の一つです。厚みを帯びて固くなってしまった角質を柔らかくする軟膏や専用のクリームを使ったりしながら、ケアをするのが一般的であり効果をもたらします。逆に、毛孔性苔癬ができている部分をゴシゴシこすったり、お風呂で体を洗う際にナイロンタオルのような皮膚に負担をかけるものを使ってしまうと、症状が悪化してしまうことがあります。また、気になるあまり毛孔性苔癬の部分を潰してしまう方もいますが、これは絶対にしてはいけません。また、しっかりと保湿をして角質を柔らかくすることも症状を緩和させ、予防にも役立ちますので、化粧水やクリームなどを使って患部が乾燥しないようにこころがけましょう。

毛孔性苔癬の度合いによっても変わりますが、軽度のものであれば、尿素が配合されているクリームを使って気長にお手入れをしていくことで少しずつ症状を改善させることができます。しかしながら、間違った対策をしてしまうと色素沈着を起こすことがあります。

関連記事

no image

二の腕ざらざら対策

二の腕のざらざら 二の腕のざらざらは、通称、さめ肌と呼ばれています。医学的には毛孔性角化症や毛

記事を読む

no image

二の腕のざらざらが気になる方

二の腕にぶつぶつしたものができてしまう方もたくさんいます。ぶつぶつした二の腕を触ってみると、ざらざら

記事を読む

no image

男の好きな二の腕

男性が二の腕がすきなのはなぜ? 男性は、女子のムチムチした二の腕が好きという人が多いですよね。

記事を読む

no image
男の好きな二の腕

男性が二の腕がすきなのはなぜ? 男性は、女子のムチムチした二の腕

no image
二の腕の保湿

代謝の異常により角質がはがれ落ちずに毛穴につまってしまうため、ぶつぶつ

no image
二の腕の乾燥

自身の二の腕を見てみてください。内側は白くキメが整っていてツルツルとし

no image
毛孔性角化症とは??

男性よりも女性に多く、2人に1人程度の割合で、二の腕のぶつぶつやざらざ

no image
二の腕のぶつぶつ対策に市販品?

二の腕のぶつぶつ、その正体とは 二の腕のブツブツは、医学的には毛

→もっと見る

PAGE TOP ↑