*

二の腕の乾燥

公開日: : 乾燥

自身の二の腕を見てみてください。内側は白くキメが整っていてツルツルとしている方も多いのではないでしょうか。本来、二の腕は角質層も他の部位に比べて厚みがありますので、水分を保持する力も弱いわけではありません。ですので、あまり乾燥することがない体の部位でもあるのです。しかしながら、季節の変わり目や乾燥がひどくなり冬場になると、二の腕がカサカサしてかゆくなることがあります。これは、皮膚が乾燥していることにより起こっているトラブルの一つなのですが、実は二の腕が乾燥していることで起こるトラブルはこれだけではありません。

二の腕にぶつぶつができたり触ってみてざらざらしている時というのは、皮膚疾患である毛孔性角化症ができている可能性が高い傾向にあります。男性よりも女性に多い皮膚疾患で、2人に1人はコンプレックスに感じているとも言われているくらいです。

なぜ、二の腕が乾燥してしまうのかというと、紫外線の影響を受けたりお肌に合わない衣服を身につけることで刺激となってしまって、乾燥を引き起こしてしまうのです。また、入浴の際、固いナイロンタオルを使って肌をゴシゴシ洗っているような方も、二の腕の乾燥を起こしやすい傾向にあります。

さらに、二の腕のぶつぶつやざらざらの正体でもある毛孔性角化症は、皮膚が乾燥していることでさらに悪化したり、症状がひどくなってしまうことがあると言われています。毛孔性角化症は遺伝的な要因が強い傾向にはありますが、普段の生活習慣や長年の乾燥により、起こることもあるのです。ただ、毛孔性角化症は、症状に温度差はあるものの、健康を害するようなものではありません。しかしながら、人目につくものでもあるため、自分自身でできるケアを行っていくことはとても大切です。二の腕にできたぶつぶつやざらざらは、保湿をしてあげることで軽減することも少なくありませんから、毎日のお手入れが功を奏します。

逆に乾燥を放っておくと、お肌の角化が速まってしまって、ぶつぶつが増えたりざらざらがひどくなってしまいますので、特に乾燥しやすい冬場はしっかりと保湿することが大切です。温度や湿度が低下することで、皮膚の水分が蒸発しやすくなっていますし、寒さで血行も悪くなってしまって代謝も低下してしまいますので、二の腕の感想は秋の終わりから冬にかけて起こりやすいと言われています。ただ、夏場もエアコンなどを使うことで、お肌が乾燥しやすくなってしまっていますので、二の腕の乾燥を予防するためのお手入れは一年を通して行わなければいけません。

本来、あまり乾燥することののない部位でもある二の腕ですが、生活習慣や季節の変わり目、ストレス、代謝異常などでトラブルが起こりやすくなってしまいます。二の腕が乾燥しやすい方は、お顔のお手入れと同じように、二の腕にも化粧水や乳液、クリームをつけたりしながら乾燥を予防して二の腕のトラブルが起こらないようにしていきましょう。

関連記事

記事はありませんでした

no image
男の好きな二の腕

男性が二の腕がすきなのはなぜ? 男性は、女子のムチムチした二の腕

no image
二の腕の保湿

代謝の異常により角質がはがれ落ちずに毛穴につまってしまうため、ぶつぶつ

no image
二の腕の乾燥

自身の二の腕を見てみてください。内側は白くキメが整っていてツルツルとし

no image
毛孔性角化症とは??

男性よりも女性に多く、2人に1人程度の割合で、二の腕のぶつぶつやざらざ

no image
二の腕のぶつぶつ対策に市販品?

二の腕のぶつぶつ、その正体とは 二の腕のブツブツは、医学的には毛

→もっと見る

PAGE TOP ↑